カテゴリ:Apistogramma( 40 )

Ap.cf.personata"Mitu"

ご縁あって梨乃のパパさん印の
Ap.cf.personata"Mitu"が(ACさん経由で)我が家に来日されました。

荒い荒いと聞いていましたが、まったくそんなことはなく、
40センチにペアですっかり落ち着いて、夫婦まっとりと仲がよく
サイズ的にももうMAXだし、「これはもう余生をのんびり
過ごす段階に入ったかな」と思っていました。

とそんなある日のこと、何気なく水槽をのぞいてみると
メスが息絶え絶えに水面付近に浮かんでいます。
しかも激オコのオスもオスで、けっこうなダメージを受けてます。
何が起こったのかわかりませんが、急きょオスを別の水槽に移動しました。

その際に流木や避難シェルター(隠れ家)などを取り上げてたのですが、
シェルターの裏を見てびっくり、卵がべったりと産みつけられていました。
(その数は軽く150個)
b0284188_19352063.jpg



産んでたのかー!

いやあ油断してました。
メスは尾びれの付け根のウロコがはがれ、ウロコどころか肉までえぐれています。
オスはオスで背びれが切れ、背びれ前方の背中がえぐれている状態です。
お互いにかみついてブンブン振り回した???のでしょうか。

産卵を終えたメスがかなり強烈にオスを追い払い、しかしまたオスも引かずに
逆襲に出て壮絶なバトルとなり、結局メスが負けたのでしょう。
あのサイズになるとバトルの傷痕も相当なものです。
気づくのがまだ早くてよかったです。

そして・・・



浮上しました。
b0284188_19354831.jpg



もうご隠居生活に入ったと思っていたので
嬉しい誤算です。
パパさんに100匹くらいお戻しできるように
大切に育てます。


b0284188_1936942.jpg

※メスのダメージはだいぶ回復しました。
[PR]
by GRC2001 | 2015-02-15 20:00 | Apistogramma

細身、色白 その後

そしてその後です。

無事におめでた、へと。
覚えやすい(?)1月12日。

しかし動画撮影もしていると突然、産卵終了へ。
さすがに「ええかげんにせーよ(怒)」と思ったのか、
あるいはすっきり全部産みきったのかは不明。

産卵数は流木の窪みに産んだため、
奥の方が見えなくて数えられません。

b0284188_23521726.jpgb0284188_23524456.jpgb0284188_2353320.jpgb0284188_23532046.jpgb0284188_23534526.jpg

b0284188_23564753.jpg
[PR]
by GRC2001 | 2015-01-13 00:10 | Apistogramma

細身、色白

一部の地域で
細身、色白が人気なようです。

b0284188_141452.jpg

b0284188_1415157.jpg


b0284188_1422199.jpg


今年もよろしくお願いいたします。
b0284188_0491139.jpg

[PR]
by grc2001 | 2015-01-12 09:30 | Apistogramma

ホイグネイかな?

隣の水槽のベタ・ルブラを威嚇する
リオカウラ2号機。


b0284188_3273486.jpg


b0284188_1693526.jpg


こうしてみるとやはりホイグネイ
(特に一昨年あたりにワイルドできたタイプ)
に近いような。
sui-taさんに改めて当時の写真を
見せていただきたいものです。

b0284188_3265787.jpg



■普段の姿(写真追加しました)
b0284188_019292.jpg


メスは細いあごひげあり。

b0284188_0312658.jpg


b0284188_0315239.jpg


梅雨
[PR]
by grc2001 | 2014-07-25 20:40 | Apistogramma

カウラF2

一腹めが浮上したのがGW直前。
GW中は家を留守にしたことで
子どもたちをあきらめていました。
(コッキーナも同居していたし)

しかし
なんとなく生き残っていて現在に至ります。
b0284188_0222096.jpg

b0284188_0225436.jpg


ブログ閉鎖はヴィエジタとカウラを
コンプリートしてからで良いのでは?
>某マクマス党・党首殿。

また大阪弁教えておきましょう(笑)

幽体離脱
[PR]
by grc2001 | 2014-07-25 20:30 | Apistogramma

産卵

そうこうしているうちにカウラが産卵。

b0284188_1335291.jpg

仮称二号。(4/20産卵)

b0284188_134826.jpg

仮称一号。(4/19産卵)

一号の水槽がもうひとつ不調。
しかも赤ベタを緩衝材兼用で入れているのもあり、
今回は残らないかなと思います。
[PR]
by grc2001 | 2014-04-21 20:00 | Apistogramma

Apistogramma viejita F1

そしてF1。
頬が赤くなるかと思われますが
どうでしょう。


b0284188_14162955.jpg

b0284188_1417259.jpg

b0284188_14173170.jpg

[PR]
by grc2001 | 2014-04-19 22:40 | Apistogramma

Apistogramma sp. Rio Caura #3

最後に仮称3号です。
体格は一番ミニサイズ。
発色も単独飼育にしてようやく出てきたという感じです。

b0284188_1335228.jpg

b0284188_13362478.jpg


しかし、そこは小さくてもやはりアピスト。
同居魚を威嚇し、追いかけ回しています。
この色合いのままでいてくれてもいいかな。
b0284188_13355830.jpg

b0284188_1340483.jpg


生まれたときの姿はこちら(AGさんのブログです)
[PR]
by grc2001 | 2014-04-17 22:30 | Apistogramma

Apistogramma sp. Rio Caura #2

そして仮称2号。
仮称1号と隣合せの水槽にいるため、
ガラス越しのフィンスプを頻繁に行っています。
b0284188_1317888.jpg

b0284188_13175345.jpg


体色は仮称1号よりも強いように感じます。
また気のせいか体に対して顔が(態度も?)でかい。
後々こちらの個体のほうが
体格もでかくなるのかもしれません。
b0284188_13182459.jpg

b0284188_13224094.jpg

[PR]
by grc2001 | 2014-04-17 20:20 | Apistogramma

Apistogramma sp. Rio Caura #1

状態も少し落ち着いてきたので
リオカウラの続編を。

この系統のオスは3頭(?)いて、写真の個体は
一番ヒレの伸びている仮称1号です。

b0284188_1040147.jpg
b0284188_1039823.jpg
b0284188_103852.jpg

特に背びれの白というかシルバーというか、
発色がものすごいものになってきました。
成長の過程が楽しめる魚です。

More
[PR]
by grc2001 | 2014-04-14 20:20 | Apistogramma