Ap.cf.personata"Mitu"

ご縁あって梨乃のパパさん印の
Ap.cf.personata"Mitu"が(ACさん経由で)我が家に来日されました。

荒い荒いと聞いていましたが、まったくそんなことはなく、
40センチにペアですっかり落ち着いて、夫婦まっとりと仲がよく
サイズ的にももうMAXだし、「これはもう余生をのんびり
過ごす段階に入ったかな」と思っていました。

とそんなある日のこと、何気なく水槽をのぞいてみると
メスが息絶え絶えに水面付近に浮かんでいます。
しかも激オコのオスもオスで、けっこうなダメージを受けてます。
何が起こったのかわかりませんが、急きょオスを別の水槽に移動しました。

その際に流木や避難シェルター(隠れ家)などを取り上げてたのですが、
シェルターの裏を見てびっくり、卵がべったりと産みつけられていました。
(その数は軽く150個)
b0284188_19352063.jpg



産んでたのかー!

いやあ油断してました。
メスは尾びれの付け根のウロコがはがれ、ウロコどころか肉までえぐれています。
オスはオスで背びれが切れ、背びれ前方の背中がえぐれている状態です。
お互いにかみついてブンブン振り回した???のでしょうか。

産卵を終えたメスがかなり強烈にオスを追い払い、しかしまたオスも引かずに
逆襲に出て壮絶なバトルとなり、結局メスが負けたのでしょう。
あのサイズになるとバトルの傷痕も相当なものです。
気づくのがまだ早くてよかったです。

そして・・・



浮上しました。
b0284188_19354831.jpg



もうご隠居生活に入ったと思っていたので
嬉しい誤算です。
パパさんに100匹くらいお戻しできるように
大切に育てます。


b0284188_1936942.jpg

※メスのダメージはだいぶ回復しました。
[PR]
by GRC2001 | 2015-02-15 20:00 | Apistogramma


細身、色白 その後 >>